スタッフブログ

HOME > スタッフブログ > 未だ雪が残る春日部。と、相撲

未だ雪が残る春日部。と、相撲

2018.01.30

みなさんこんにちは。

春日部ラビット歯科 院長の吉田です。

春日部の駅前は、ちょうど1週間前に降った雪が
今だに綺麗に残っています。
(帰りがけに撮った夜の写真ですいません。)





少しでも陽の当たらない路地はまだまだ氷が解けず、
ララガーデンの駐輪場もまだ雪まみれです。

あの雪から気温が一気に下がったため、スタッフ一同、
診療室内を歯科医療に適切な温度に保つの事に必死です。

天気予報によれば、今週木曜日あたりにまた雪だそうですね。
しばらくは来院される方も大変かと思います。

私たちの体は寒さで血管が収縮します。
暖かい血液から体温を逃さないようにするためです。
ただ血管が細くなる分、血圧も上がります。

そんな中で診療室に入り
緊張で更に血圧を上げるのは決して望ましいことではありません。

来院された際には待合室の水素水サーバーで、
暖かいモノでも飲んでから診療室に入るのも良いかと思います。

通院も困難が予想されるため、
極力余裕のある時間でいらして下さいね。
 
 
 
さて、相撲です。

平幕の栃ノ心が幕内優勝を飾りました!

横綱、大関、関脇、小結以外の幕内力士では6年ぶりの快挙です。
6年前は、現大島親方の旭天鵬が優勝しましたね。

旭天鵬もそうですが、栃ノ心も正統派のがっぷり組み合う四相撲で
持ち前の怪力でここまで上がって来ました。

4年前までは三役まで上り詰めた実力者ですが、
膝の大怪我で幕下まで転落し、一度は諦めかけたようです。

怪我も落ち着き、やっと戻って来た幕内上位での優勝!
本当におめでとうございます。

また、かなり話題にもなっていますが、
栃ノ心は歯科技工士の資格を持っているそうです。

我々歯科医師と、その患者さんは、
技工士さんの技術に何度も助けられています。
噛み合わせなどのマイクロ単位の注文にも
しっかり答えてくれる歯科技工士さんの
繊細かつ精密な技術にはいつも驚かされています。

栃ノ心の優優勝も、
そんな繊細な努力の結果が出たのでしょうか。

高齢化が進む相撲界で、まだまだ30歳の栃ノ心。
今後も期待しましょう!

スタッフブログTOP

ページトップへ戻る