スタッフブログ

HOME > スタッフブログ > 院内空間除菌対策と相撲

院内空間除菌対策と相撲

2018.06.28

皆さんこんにちは。

 

すっかり夏ですね。

寝るときの寝間着に甚平を選択する時が多くなってきました。

院内の拡張工事も8割がた済み

本日やっと拡張側での診療が可能になりました。

目の前に磨りガラスの大きな窓があるので、

プライベート話守りつつ、自然光でのリラックスした診療が可能です。

自然光は歯科診療でとても大切で、

前歯や入れ歯の色を判別する際に、

自然光の方が普段の色が判断しやすい利点があります。

前歯の審美診療では活躍してくれるスペースとなりました。

さらに拡張にあたり、院内の空調にも力を入れています。

極力壁を排除し、空気の循環を重視して環境を整えています。

入り口には当院自慢の次亜塩素酸を活用した空間除菌脱臭機を配備し、

外部からの菌、ウィルスの対策に努めました。

次亜塩素酸を活用した空気洗浄や水質の改善は近年多用されており、

駅構内やディズニーランドなんかでも使用されています。

先日ビックカメラに買い物に行ったら、

次亜塩素酸の空気清浄器がパナソニックから売られていました。

すでに院内にあるのですが、

思わずパンフレットもらって店員に説明までしてもらっちゃいました。

少し前までCMやってたらしい「ジアイーノ」という商品のようです。

天下のPanasonicからすでにでているとは思いませんでした。

当院では治療に使用する水も

次亜塩素酸を使用した高水準の水質改善を行っております。

次亜塩素酸といっても「水」と「塩」を電気分解した、

「機能水」

と言われる物質に分類される安全なものです。

当院の待合室のサーバーに使用している

「水素水」

も同じですね。

安全性の高い機能水の研究はどんどん進んでいます。

歯科分野においてももっと活用できるようになるといいですね。

 

さて相撲です。

 

25日(月)に7月場所の番付発表がありました。

新大関の栃ノ心は西の2枚目大関に張り出されています。

力士にとっては一つの目標であろう新十両には、

美ノ海と千代の海

美ノ海は元木崎の四股名で、名前からもあるように沖縄県出身。

役2年での十両昇進とかなり早い出世です。

もう一人の千代の海も有望です。

幕下時代に大怪我でしばらく休場していたものの、

こちらも約2年で復帰、新十両となっています。

こうした若い力士のの躍進は最近多く、世代交代が囁かれてはいますが、

新大関栃ノ心は30歳!

まだまだトップは厚く、若手は苦労しそうですね。

以前から期待されていた逸ノ城には一気に大関期待です。

(今「逸ノ城」一発変換で驚きました。)

御嶽海の安定感も先場所で確認しています。

今場所も相撲は私を楽しませてくれそうです。

 

スタッフブログTOP

ページトップへ戻る