スタッフブログ

HOME > スタッフブログ > ガム健康法 と 相撲

ガム健康法 と 相撲

2018.11.06

みなさんこんにちは。

春日部ラビット歯科 院長の吉田です。

 

先日、BS朝日のテイバン.tvという番組を観ました。

お笑い芸人のハマカーンさんと、

元ハロプロの諸塚香奈実さんが

出演してました。

 

内容は、

『無理せず楽しい健康法』を、紹介しており、

その中でガムの健康法について調べていました。

 

 

スポットを当てたのはリカルデントガム。

モンテリーズジャパンという会社から出している

リカルデントガムには、

カゼインホスホペプチド非結晶リン酸カルシウム複合体(CPP-ACP)

という歯に良い成分が含まれています。

 

 

この成分の歯への働きは、

①むし歯の始まり(脱灰)を抑え、

②歯から溶け出したミネラルを取り戻し(再石灰化)、

③酸に溶けにくい(耐酸性)丈夫な歯を作る

と言うもの。

 

『丈夫な歯は健康の源』と良く言われますが、

まさにその通りです。

 

ガムを噛むことで、虫歯の発生を抑えるだけで無く、

食べる機能を高め、

唾液による清掃性も高め、

頭部への血流を良くする。

と言った良い点も沢山あります。

 

他にも、

『無理せず楽しい健康法』を紹介しており、

ゲームセンターの利点や、

健康食についても紹介していました。

 

ただ、何事も、

「過ぎたるは及ばざるを得ず」

です。

心得ておいてくださいね。

 

 

 

さて相撲です。

 

九州場所の番付が発表されました。

 

まずは35歳での最十両、豊ノ島!

 

若手がどんどん上がっていく中、

腐らず自分を立て直してきたことを、

同世代として勝手に誇りに思っています。

 

十両は三分の一が自己最高位と熱が上がってます。

 

 

安美錦、豪風に続くベテランの存在感を、

出してくれることを期待しております!

スタッフブログTOP

ページトップへ戻る