スタッフブログ

HOME > スタッフブログ > 保険診療紹介①:CR修復 と 相撲

保険診療紹介①:CR修復 と 相撲

2019.01.16

みなさんこんにちは。

春日部ラビット歯科院長の吉田です。

 

以前投稿した保険診療のブログが好評だったので、

再度投稿してみます。

 

コンポジットレジン修復(以後CR )は

現在の歯科医療の中で

最も多く行われている診療かもしれません。

虫歯などを削った穴に、

プラスチックとセラミック粒子の混合物を詰める処置です。

 

CRが開発される以前は、

「アマルガム」という

アレルギー性があり、審美的でない合金が

保険診療の適応として使われておりました。

 

今回はそんな古いアマルガムを除去し、

CRを行った症例写真をお見せします。

 

上記の黒い詰め物がアマルガムです。

アマルガムの境目が汚れています。

古い詰め物は境目から虫歯がどんどん進行します。

 

年配の先生方は使い慣れているせいか、

未だに20代前後の若者の口の中にも見られます。

日本人は世界屈指の先進国でありながら、

自分の口の中に対しての意識が低い。

と、よく学会やセミナーで話題になります。

 

ちなみに、アマルガムは

現在では保険診療でも使用を認めておりません。

 

アマルガムと感染した歯質を取り除きました。

 

CR修復を行なった後です。

(せっかく頑張ったのにカメラの性能が低いのが残念。)

 

細かい作業が大好きな私には、

まさに趣味の範囲で最高の治療です。

 

歯にも様々な色があり白一色ではありません。

黒み、黄色味、透明感。

 

形も人それぞれです。

歯の大きさ、溝の形、噛んで磨り減った様子。

 

限られた材料で納得のいく仕上がりが出来た時は

楽しくてしょうがなくなります。

 

あくまで趣味のレベルですが、

もっと上手く出来るように

日々のCR修復に没頭中です。

 

 

さ相撲です。

 

つい先ほど

 

横綱稀勢の里の引退が報道されました。

 

心から尊敬できる、

 

誇らしく思う横綱でいてくれた事、

 

感謝いたします。

 

本当にお疲れ様でした。

 

 

スタッフブログTOP

ページトップへ戻る