スタッフブログ

HOME > スタッフブログ > 寝違え と 相撲

寝違え と 相撲

2019.03.05

みなさんこんにちは。

 

ラビット歯科院長の吉田です。

 

寝違えました。

 

正確には、

起きてすぐノビをしたら肩甲骨を痛めました。

 

どんだけ運動不足なんだか。

 

首を少しでも動かすと痛みが走ります。

 

動かさないでいると

首回りの筋が硬直してまた痛い。

 

診療は拡大鏡を使っているので、

視界がブレないよう

首を動かさないようにしたのも負担となってます。

 

診療中は集中してるせいか耐えられますが、

治療が終わり集中が切れると

また激痛が走ります。

 

流石にたまらず隙を見て鍼灸治療へ。

数年前にも寝違えた際も

鍼灸に救われました。

 

春日部西口鍼灸整骨院さんへ。

 

昼に痛みを散らし、

夜診療終了後に鍼治療を受けると

かなり効きました!

 

もっと早く行けばよかった。

 

夜10時まで受付が大変助かります。

 

しばらく通って早めの完治を目指すつもりです。

 

 

さて、相撲です。

 

本場所前の二所ノ関一門連合稽古が行われ、

 

高安、貴景勝、玉鷲

 

が注目されています。

 

現役を引退し、重圧から抜けた稀勢の里も

高安の順調な仕上がりに期待しているようです。

高田にテーピングはなく、

ここ数場所の中では最もいい状態でしょうか?

 

大関取りのかかる貴景勝は、

高安に負けない相撲を見せ気迫十分。

恐れを知らない若さが活かされてます。

 

初優勝の玉鷲は、

気負わず淡々と稽古をこなしてました。

「大関は狙わない」と、

はっきり言ってしまうところも好印象ですね。

 

驚いたのは琴勇気の存在。

 

先場所大怪我で途中休場。

確実に休んでいるかと思ってましたが、

お見それいたしました。

 

寝違えて弱音吐いてる場合じゃないですね。

 

しっかり治療して、

みんなに喜んでもらえるよう頑張ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スタッフブログTOP

ページトップへ戻る