あきらめていませんか?保険で銀歯を「白い歯」に!

HOME > 医院歯科 > あきらめていませんか?保険で銀歯を「白い歯」に!

「昔、治療した銀歯が気になっているけど、白い詰め物に変えるのは結構費用がかさむのよね・・・」

実は、銀歯を「白い被せ物」に「保険」で詰め替えられるのです。

どの歯も全部というわけにはいきませんが、保険制度改定により2014年4月に赤い部分(※1)、2017年12月に黄色の部分の下の歯のみ(※2)、そして2018年4月(※3)には5番のブリッジも、保険適応になりました。

(※1)、犬歯のすぐ後ろの2本の臼歯(赤い部分⇒4番:第一小臼歯、5番:第二小臼歯)の被せ物を、保険の白い詰め物(CAD/CAM冠:きゃどかむかん)で出来るようになりました。
(※2)、黄色い部分(第一大臼歯)には、下記の条件があります。

1.上下両側の第二大臼歯(7番)があり、左右の噛み合わせがしっかりと存在する方
2.適度な噛み合わせ圧の方

(※3)456の5番欠損に高強度レジンブリッジが適応。ちなみに金属アレルギーと医科に診断されれば6、7番の欠損にも対応可能です。

2016年4月の保険制度改訂により、4(5)6のブリッジの4の表側も、保険で白い素材(レジン)で製作できるようになりました。

上記のように、いろいろ条件もあります。
また、どの歯がどうか?ということはわかりづらいと思います。

どの歯にしても「銀歯が気になっている方」は、ぜひラビット歯科春日部までお気軽にご相談くださいませ。

 

CAD/CAM冠(きゃどかむかん)って何?

プラスチックにセラミックを混ぜて強化したもの(ハイブリットレジン)をブロック状にしたものを、コンピューターで設計し、機械がその形に削り出す「白い被せ物」です。

犬歯の隣の臼歯2本(小臼歯)は笑うと目立つので、「白い被せ物」にしたい方は多くいらっしゃいます。
就職活動や、結婚式前、お子様のお受験など「第一印象」がものを言うときに歯が白いのは、笑顔の自信の源になります。
自費の「セラミック」に比べると、美しさや強度は若干劣りますが、最近取りざたされている「金属アレルギー」の心配もなくなります。

気になっているのであれば、ご相談だけでも承りますので、どうぞラビット歯科春日部までお気軽にお尋ねくださいませ。

CAD/CAM冠のメリット

・安く済む

・白い

・金属アレルギーの心配がない

・アゴへの負担が少ない(素材が硬すぎない)

CAD/CAM冠のデメリット

・保険適応の場所が限られる

・1色のブロックから作るので、自然な風合いが出ない

・経年変化で、変色することがある

・強度が低く、金属冠に比べ割れやすい(歯ぎしりのある方・噛む力の強い方には不向き)

 

注意点

ハイブリットレジン全ての歯が、保険適用なのではありません

診療案内

保険外診療において2万円以上お支払いの場合に各種カードご利用いただけます

医)立靖会でフィリピン台風災害支援として歯ブラシをフィリピンに送りました。

フィリピン台風災害支援

平成28年「熊本地震」のボランティアに参加してきました。

ページトップへ戻る
ページトップへ戻る