インプラント

HOME > 医院歯科 > インプラント
模型▲人工歯根が骨に固定されます

インプラントは、歯のない部分の顎の骨に、チタン製(体との親和性が高い金属)の人工の歯の根を植え、 新しい歯を入れる方法です。
機能を回復するだけでなく、自然な美しさを取り戻す審美的な回復を求めた治療です。

チタンは長年の基礎・臨床的研究からインプラントの材料として最も安全であり、また顎の骨と結合することが確認されています。
インプラントと顎の骨がしっかりと結合すれば、その上には丈夫で安定した歯を作ることができます。
入れ歯ではどうしても満足することが難しかった“食べる・話す”こともインプラント治療によりご自分の歯と同じような感覚を取り戻すことができます。

ラビット歯科のインプラントシステム

カムログインプラントシステム

構造▲信頼性のあるメーカー

インプラントの手術の準備には、衛生面に細心の注意を払います。
術着に着替え、完全に滅菌された状態で治療に入ります。

ラビット歯科では、歯科先進国のスイスカムログバイオテクノロジーによる最新技術「カムログシステム」を採用したカムログインプラントシステムを使用しております。

インプラント Q&A

インプラントはどんな人に適していますか?
「入れ歯やブリッジでは嫌だ」「硬い物が食べたい」「発音・発声に不便を感じる」「見た目が大事」と思う方におススメしております。
顎の骨が完成する20歳前後から、健康な方なら基本的にはどなたでも手術可能です。
ただし、心臓病や糖尿病などの持病の方、妊娠中の方、全身疾患のある方、顎の骨の状態が良くない方などは制限される場合がありますので、当院にご相談ください。
手術時に痛みはありますか?
手術は局部麻酔をして行います。痛みに関してあまり心配はありません。
インプラントの寿命はどのくらいですか?
手術後のお手入れが寿命を長くするか短くするかのポイントです。
定期的なメンテナンスが必須になります。

治療の流れ

診査・診断

レントゲンなどによる診査・診断を行い、治療計画を立てます。

1次手術(インプラントを埋める)

埋入後3~5ヶ月おいて歯肉の治癒を待ちます。

2次手術(新しい歯を着ける準備)

歯肉を開いてインプラントに土台を接続します。
3週間から1ヶ月おいて歯肉の治癒を待ちます。
この間、必要に応じて仮歯を入れますので、日常生活に支障はありません。

新しい歯の製作と装着

歯を製作するために型をとり、その型で人工の歯を製作します。
人工の歯を支台部に装着して、完成です。

メンテナンス

インプラントの形をよく理解した上で確実なブラッシングを行い、歯垢や歯石の沈着を予防します。
3ヶ月から半年に一度は定期的に検診を受け、インプラントの状態を診察させて頂きます。

診療案内

保険外診療において2万円以上お支払いの場合に各種カードご利用いただけます

医)立靖会でフィリピン台風災害支援として歯ブラシをフィリピンに送りました。

フィリピン台風災害支援

平成28年「熊本地震」のボランティアに参加してきました。

ページトップへ戻る
ページトップへ戻る