歯が抜けた・ない

歯が抜けた・ない

歯を失った場合、下記の3つの治療法があります。

1.入れ歯※院内に歯科技工士がおります。インタビューご覧ください

2.インプラント

3.ブリッジ

1.インプラント

インプラントは、アゴの骨に、チタン(人工関節にも使われる金属)の人工の歯の根を植え、 新しい歯を入れる方法です。
インプラントとアゴの骨がしっかりとくっつけば、安定した被せ物をのせる事ができます。
見た目も自然で、しっかりと噛めるようになります。
詳しくはご相談ください。

当院使用インプラント

カムログインプラントシステム

構造▲信頼性のあるメーカー

インプラントの手術の準備には、衛生面に細心の注意を払います。
術着に着替え、完全に滅菌された状態で治療に入ります。

ラビット歯科では、歯科先進国のスイスカムログバイオテクノロジーによる最新技術「カムログシステム」を採用したカムログインプラントシステムを使用しております。

インプラント Q&A

インプラントは、どんな人に向いていますか?

「入れ歯やブリッジでは嫌だ」「硬い物が食べたい」「入れ歯はカチャカチャいうのでイヤだ」「入れ歯と思われたくない」と思う方におススメしております。
20歳前後の方から年配の方まで、健康な方なら基本的にはどなたでも手術可能です。
ただし、心臓病や糖尿病などの持病のある方、妊娠中の方、全身疾患のある方などは制限がる場合がありますので、ご相談ください。

手術時に痛いですか?

手術は局部麻酔をして行います。痛みに関してあまり心配はありません。

インプラントの寿命はどのくらいですか?

手術後のお手入れをきちんとすれば、長く使えます。



治療の流れ

診査・診断

レントゲンなどによる診査・診断を行い、治療計画を立てます。

1次手術(インプラントを埋める)

埋入後3~5ヶ月おいて歯肉の治癒を待ちます。

2次手術(新しい歯を着ける準備)

歯肉を開いてインプラントに土台を接続します。
3週間から1ヶ月おいて歯肉の治癒を待ちます。
この間、必要に応じて仮歯を入れますので、日常生活に支障はありません。

新しい歯の製作と装着

歯を製作するために型をとり、その型で人工の歯を製作します。
人工の歯を支台部に装着して、完成です。

メンテナンス

インプラントの形をよく理解した上で確実なブラッシングを行い、歯垢や歯石の沈着を予防します。
3ヶ月から半年に一度は定期的に検診を受け、インプラントの状態を診察させて頂きます。



2.ブリッジ

抜けた歯の両脇に橋を架けるようにしてかぶせ物をするので「ブリッジ」と呼ばれています。
抜けてしまった歯の両隣りの歯を削って土台を作り、橋渡しをするように人工の歯を入れる治療方法です。
保険でできる治療方法です。

ネット予約 初診 ネット予約 再診