入れ歯(義歯)

HOME > 医院歯科 > 入れ歯(義歯)

歯が抜けたあとの補完方法として、入れ歯(義歯)があります。
抜けた歯をそのままにしていると、よく噛まないまま胃に食物が行くために胃腸に負担をかけます。

また、合わない入れ歯を使うことは、痛いですし、見た目が気になって外出がままならなくなることもあります。
我慢しなくていいのです。
ぜひお気軽ににご相談ください。

春日部のラビット歯科では、訪問歯科でも入れ歯(義歯)の作成・調整ができます。

入れ歯の作成5段階

入れ歯ができるまでの作成工程は5段階あります。 その後に調整が始まります。

簡単な型を採る

簡単な型を採る残存歯や歯の状態、また歯肉の状態などを診ます。 簡単な型を採り患者さん専用のトレーを作成します。

精密な型を採る

通常は上下に分けて精密な型を採ります。 型を採るときは鼻から息をゆっくり吸っていると比較的楽に型を採ることができます。

咬み合わせを採る

咬み合わせを採る咬み合わせる部分の高さや位置を決めて、しっかりと咬める入れ歯を作成します 。

試適(してき)

試適(してき)歯のサイズや並び方等の最終チェックをします。

完成(装着)

新しい入れ歯は、入れたその日からうまく噛めるとは限りません。 ある意味でこれからがスタートです。

調整

歯肉の痛いところや咬み合わせを調整します。 平均で慣れるまで 4 回 ~ 6 回 程度かかります。

入れ歯はやさしく扱いましょう

・落とさない(破損の原因になります)
・曲げない
・削らない
・熱湯に入れない(変形の原因になります)
・乾燥させない(変形の原因になります)
・常に清潔にしましょう。

お手入れのまとめ、注意事項

入れ歯も、自分の歯と同じように汚れがつきます。
食後は、必ず入れ歯を外して掃除してください。
総入れ歯の場合、寝るときは必ず入れ歯を外してください(歯ぐきの安静と口内炎の予防のため)。
外した入れ歯は、水の中に入れて保管してください。
痛いからといって、入れ歯を自分で削ったり金属の部分を勝手に調整しないでください。

忘れずに定期検診を受けましょう

月日がたてばお口の中も変化します。
入れ歯の調整をして長持ちさせるために、半年に一回は定期検診を受けましょう。

食事について

初めは、食べづらいかもしれません。
柔らかいものや小さく切ったものを食べ、徐々に硬いものへと慣らしていきましょう。
時間をかけて、ゆっくり噛んで筋肉を鍛えていきましょう。

入れ歯の種類

部分入れ歯(partial dentures)
 width= 部分入れ歯は、何本かの歯が連なって失われてしまった場合に作成します。
床(しょう)という土台の上に、バネと人工歯で支えとなる歯に取り付ける仕組みです。
形はお口と歯の状態で決まります。

総入れ歯(full dentures)
 width= 歯が1本も無い場合に、総入れ歯を使用します。
床の上に人工歯を並べた仕組みのものです。
支える歯が無いために調整に、時間がかかります。



熱可塑性アクリルレジン(アクリJ)
 width=



シリコンデンチャー(コンフォート) 
 width= コンフォートは、硬い入れ歯の裏面を生体用シリコーンというクッションで覆う、全く新しい入れ歯の技術です。
生体用シリコーンの弾性が、入れ歯でグッと噛んだときの歯ぐきにかかる負担をやわらげ、驚くほどの吸着力を発揮。「痛い・噛めない・外れやすい」といった、従来の入れ歯の悩みを解消するとともに、あなたの歯ぐきをやさしく守ります。
※今お使いの入れ歯にも加工できます。ただし、入れ歯の材質によっては、加工できないものもあります。

診療案内

保険外診療において2万円以上お支払いの場合に各種カードご利用いただけます

医)立靖会でフィリピン台風災害支援として歯ブラシをフィリピンに送りました。

フィリピン台風災害支援

平成28年「熊本地震」のボランティアに参加してきました。

ページトップへ戻る
ページトップへ戻る