小児歯科

HOME > 医院歯科 > 小児歯科

お子様の虫歯予防処置

お子様の虫歯予防処置

お子様の歯を守りたいのは、パパ・ママの共通の願いです。
このページでは予防に効果を発揮する、「フッ素」「シーラント」「仕上げみがき」「キシリトール」の基本的な知識をご紹介します

フッ素塗布

歯のお掃除をした後に、フッ素を塗ります。
歯科医院で塗るフッ素は、歯磨き粉に入っているフッ素よりも強力です。

フッ素は歯を固くして、むし歯を予防します。
特に、生えて間もない歯には有効的です。
でも、フッ素を塗ったからといって効果は永久的ではありません。
定期的に歯科医院で塗布をして、ご家庭でもフッ素入り歯みがき剤をお勧めします。

フッ素フッ素

シーラント

お子さまの奥歯の溝は、食べかすがたまりやすく、歯磨きしずらいため、むし歯になりやす場所です。
そこで、むし歯になる前に溝に「レジン」という素材を埋めて虫歯になりにくくします。

それがシーラントです。
今や、子どもの歯にする処置として、一般的になりつつあります。
大事な大事なお子様の歯を守る、有効な手段です。

シーラントシーラントシーラント

仕上げみがき

仕上げみがき

お子さんの歯が初めて生えてきた時の感動、覚えていますか?
その歯を虫歯から守るために、最初は親御さんが「仕上げみがき」をします。

歯と歯のすき間、歯の裏側、奥歯のみがきにくい所などは、丁寧に磨いてあげてください。
毎日の仕上げみがきがお子さんの歯を守ります。
どういうふうにやるのが正解なのかしら?
そんな疑問があったら、ぜひ春日部のラビット歯科に聞きに来てください。
仕上げ磨きの方法もお伝えします。
日頃、どんなことに気をつけたらいいかも、お伝えします。

そして、お子さんが小学校中~高学年になると、だんだん親御さんの手を離れて自分で歯磨きを始めます。
でも、まだまだ磨き残しがあります。
ですので、ときどきはスキンシップがてら仕上げ磨きをしてあげてください。
そして、正しい磨き方を春日部のラビット歯科でお子さまにお伝えしますので、覚えて一生の財産にしてください。

キシリトール

仕上げみがき

「キシリトール」といえば、ガムを思い出しますか?

そもそも「キシリトール」って何でしょうか?
「キシリトール」は天然素材の甘味料で、シラカバやカシが原料で、主にフィンランドで生産されています。
砂糖は「酸」を作り、むし歯を作ります。
一方、キシリトールはむし歯のもとの「酸」は作られません。
キシリトールを取ることで口の中のむし歯菌が減り、結果としてむし歯予防につながります。

春日部のラビット歯科では、キシリトールを高配合しているガムも取り扱っております。

ちなみに、キシリトールが50%以上含まれていることが望ましいといわれています。
他の糖分が入っていれば、効果は半減してしまいます。

診療案内

保険外診療において2万円以上お支払いの場合に各種カードご利用いただけます

医)立靖会でフィリピン台風災害支援として歯ブラシをフィリピンに送りました。

フィリピン台風災害支援
ページトップへ戻る
ページトップへ戻る