肩こり相談

HOME > 医院歯科 > 肩こり相談

肩こり相談しております!

「肩こりは噛み合わせの問題?!噛みあわせを治せば不眠が改善する?」

そんな話聞いたことありませんか?
下記の症状に当てはまる方、是非一度ご相談ください。

どんな人が対象になるの?

・歯ぎしりやくいしばりがあり、長年のつらい肩こり・偏頭痛・首の痛みに悩んでる方(ちなみに食いしばりや、歯ぎしりは自分では気が付きません)
・朝起きて、首から肩にかけて張り・疲れを感じる方
・眠りが浅いと感じてる方

上の項目に1つ以上当てはまる方は、春日部のラビット歯科にぜひご相談ください。

どんな治療をするの?

患者さんの上顎の型をとり、カスタムメイドのマウスピースを作り、それを就寝時にはめて寝るだけです。
調整が必要な場合は、後日微調整します。

期間はどれくらいかかるの?保険適用なの?

型どりから1週間後に、でき上がります。
保険適用で、約5,000円前後かかります。

どんな効果を期待できる?

肩こり・偏頭痛・首の痛み・浅い眠り・不眠等の症状の大幅な改善が、8割以上の患者さんから報告されています。

なぜ効果があるの?そのメカニズムは?

長年の歯ぎしりの癖、虫歯や抜歯後の歯の放置、削りすぎなどの不適切な歯科治療の結果、残念ながら多くの人が左右の歯の噛み合わせバランスを崩しています。
でも、長い期間でゆっくりバランスを崩していくので、ほぼ無自覚なのが現実です。
左右の噛み合わせバランスが崩れると、筋肉の緊張度もバランスを崩します。
そして、釣り合いのとれていない左右の筋肉の緊張は、バランスが取れていた状態に比べて過度な緊張状態を保つことになります。

その結果、首や肩の筋肉の血行が悪くなり、肩こりなどの様々な症状を起こすと考えられております。
不眠に関しても同じで、筋肉の緊張状態がいつもあることにより、、休まらず、深い眠りに入れないと考えられています。
筋肉の緊張により、脳は寝ている間も、中途半端に活性化してしまうのです。

そこで、マウスピースを就寝時はめることにより、左右の噛み合わせバランスを回復します。
その結果、筋肉の緊張が解消し、肩こり・不眠などの症状が和らぐと考えられております。
なお、マウスピースは起きている時にはめていても大丈夫です。

副作用はないの?寝ずらくないの?

長い間、自覚のなかったバランスの悪い筋肉を治すので、使用後早期に筋肉痛のような症状が出る場合があります。
1週間程度で、ほぼ治ります。
一般的なマウスピースよりかなり小さなものなのですので、つけ始めは違和感がありますが、ほとんどの方が慣れます。

診療案内

保険外診療において2万円以上お支払いの場合に各種カードご利用いただけます

医)立靖会でフィリピン台風災害支援として歯ブラシをフィリピンに送りました。

フィリピン台風災害支援

平成28年「熊本地震」のボランティアに参加してきました。

ページトップへ戻る
ページトップへ戻る