歯をキレイにしたい

HOME > あなたのお困りごとは何ですか? > 歯をキレイにしたい

歯をキレイにしたい

歯をキレイにする方法、あります!
当院で出来る「ホワイトニング」と「銀歯を白いかぶせ物(詰め物)」をご紹介します。

歯のクリーニング・PMTCについては、下記ページをご覧ください。

ホワイトニング

キラッと輝く白い歯、健康的で魅力的に見えます。
「最近、歯の色が黄ばんできて気になる」
毎日歯磨きをしても、磨き残しや加齢が原因で歯が黄ばんだり汚れる=一度着色するとブラッシングでは取り除くことができません。

歯を白くする方法には「ホワイトニング」があり、安全な薬剤を使って、あなた自身の歯を白くする治療法です。

ホワイトニングには2種類あります。
院内で施術する「オフィスホワイトニング」と、おうちで行う「ホームホワイトニング」の2種類があります。

就活、婚活、結婚式、お受験の面接など、笑顔に自信を持ちたいあなたのサポートをします!

オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニングとは、医院内で行うホワイトニングです。
当院では「ティオンオフィス」を導入しています。
比較的低い過酸化水素濃度で、高いホワイトニング効果と低刺激性を両立させた新しいオフィスホワイトニング材です。



オフィスホワイトニングの流れ

1.ホワイトニングについてのご説明をします。
2.写真撮影をします。(使用前・後の比較のため)
3.オフィスホワイトニングを開始します(1回1時間程度)
4.色のチェックをして、写真撮影します。



ホームホワイトニング

ホームホワイトニングとは、マウスピースを用いて自宅で行う方法です。
当院では「オパールエッセンス」をおススメしています。
歯の着色改善を、短期間で安全かつ効果的に行うことができます。
過酸化尿素10%で粘性が非常に高いので、歯面に留まりやすくまたトレーから漏れ出ることも少ないです。

ホームホワイトニングの流れ

1.ホワイトニングについてのご説明・マウスピース作製のための型取りをいたします。
2.写真撮影をします。(使用前・後の比較のため)
3.マウスピースを試適して、ホームブリーチングを開始します。
4.2週間後に色のチェック・写真撮影をします。

ホワイトニングQ&A

「PMTC」と「ホワイトニング」の違いは?

「PMTC」は、泥んこになったTシャツを「洗剤で洗って白くする」ようなものです。
「ホワイトニング」は、黄ばんだシャツを「漂白剤で白くする」ようなものです。

希望する白さに出来ますか?

効果はあるのですが、限界もありますのでご希望の白さをお伝えください。
漂歯専用の色見本がありますので、相談しながら進めます。

ホワイトニングの効果は、どれくらい続きますか?

歯の状態にもよりますが、通常6ヵ月程度で若干後戻りを起こす場合があります。

ホワイトニングに使用される薬剤は安全ですか?

適正な使用のもとならば、歯・人体に悪影響はありません。
過酸化水素は、毒性や副作用を有する事もなく水と酸素に分解されます。

分からないことがありましたら、お気軽に当院スタッフにお尋ねください。



あきらめていませんか?
保険で銀歯を「白い歯」に!



「昔、治療した銀歯が気になっている」
実は、銀歯を「白い被せ物」に「保険」で詰め替えられます。

保険制度改定により2014年4月から赤い部分(※1)、2017年12月から黄色の部分の下の歯のみ(※2)、そして2018年4月(※3)には5番のブリッジも、保険適応になりました。

(※1)
犬歯の奥の2本の臼歯(赤い部分⇒4番:第一小臼歯、5番:第二小臼歯)の被せ物を、保険の白い詰め物(CAD/CAM冠:きゃどかむかん)で出来るようになりました。

(※2)
黄色い部分(第一大臼歯)には、下記の条件があります。
1.上下両側の第二大臼歯(7番)があり、左右の噛み合わせがしっかりと存在する方
2.適度な噛み合わせ圧の方

(※3)
456の5番欠損に高強度レジンブリッジが適応。ちなみに医科で金属アレルギーと診断されれば6、7番の欠損にも対応可能です。

2016年4月の保険制度改訂により、4(5)6のブリッジの4の表側も、保険で白い素材(レジン)で製作できるようになりました。

上記のように、いろいろ条件があるので、当院スタッフまでお気軽にご相談くださいませ。



CAD/CAM冠(きゃどかむかん)って何?

プラスチックにセラミックを混ぜて強化したもの(ハイブリットレジン)をブロック状にしたものを、コンピューターで設計し、機械がその形に削り出す「白い被せ物」です。
犬歯の隣の臼歯2本(小臼歯)は笑うと目立つので、「白い被せ物」にしたい方は多くいらっしゃいます。
自費の「セラミック」に比べると美しさや強度は若干劣りますが、金属アレルギーの心配はなくなります。

CAD/CAM冠のメリット

・安く済む
・白い
・金属アレルギーの心配がない
・アゴへの負担が少ない(素材が硬すぎない)

CAD/CAM冠のデメリット

・保険適応の場所が限られる
・1色のブロックから作るので、自然な風合いが出ない
・経年変化で、変色することがある
・強度が低く、金属冠に比べ割れやすい(歯ぎしりのある方・噛む力の強い方には不向き)

注意点
ハイブリットレジン全ての歯が、保険適用なのではありません。



当院導入のセレック/CEREC(CAD/CAM冠を作る機械)ご紹介

セレック/CERECとは歯科用3Dプリンターのようなイメージで、最先端の機器です。
そして、こちらの保険診療においてセレックが活躍します。
また、当院には院内に技工士が常駐しているため、色合わせや微修正が院内で可能です。
詳しくは、当院の歯科技工士のインタビューをご覧ください。
また、出来上がりまでの時間も最短で1日で済みます。



ネット予約 初診 ネット予約 再診