高齢者の口腔ケア

HOME > 訪問歯科 > 高齢者の口腔ケア

このページでは、ブラッシング(歯磨き)方法などお口のケアの方法を詳しくご紹介します。高齢者の口腔ケアには、いくつか注意点があります。
ラビット歯科では、口腔ケア専門の歯科衛生士が、歯科医師の診断の元に個別の指導プランを作成いたします。

健康で長生きのために

日本人男性の平均寿命は79.55歳、女性は86.3歳
同じく健康寿命は70.42歳、女性が73.62歳
平均寿命と健康寿命との差は、日常生活に制限のある「不健康な期間」を意味します。
このように長命と長寿は異なります。
平均寿命と健康寿命(日常生活に制限のない期間)の差は、平成22年で男性9.13年、女性12.68年となっています。 今後、平均寿命の延伸に伴い、こうした健康寿命との差が拡大すれば、医療費や介護給付費の多くを消費する期間が増大することになります。 では健康で長生き(長寿)するためにはどうすれば良いのでしょう。

それは体の入り口である口腔を健康に保つことです。
口腔ケアで肺炎の予防が可能なことは前述のとおりです。
加えて丈夫な歯がそろっていて機能する、きちんと噛めるということは、生命の維持だけではなく、生活習慣病の防止にも大いに関係しているのです。

ラビット歯科の高齢者への口腔ケアとは?

担当者のケア
▲ご自宅での様子

週に1度、歯科医院に通院できない患者様のご自宅にお伺いして、お口の中の環境を清潔に保つために行うブラッシングや、食べ物をおいしく食べる為の運動(リハビリ)等、総合的なことを実地でご指導いたします。

基本的な高齢者の歯の磨き方

特に、うがい時に誤嚥(ごえん:誤って気管に入ってしまうこと)に気をつけます。
ブラッシングに必要な道具をあらかじめ揃えておき、手早くブラッシングが行えるようにしておきましょう。

大きくお口を開けます
▲歯ブラシの様子

安定して座り、少し前かがみになります。
座ることが難しい方は、背中の下に枕などを置いて、体が30℃程度起き上がるようにしす(誤嚥や、むせの予防になります)。
どうしても起き上がれない場合は、身体を横向きにして顔を少し下に向けましょう。

自分でうがいができない場合は、指で頬を下げて水が流れるように溝を作り、ぬるま湯を流して洗いましょう。

ブラッシングの基本

衛生士によるケア
▲丁寧に歯ブラシします

ブラッシングの基本は、汚れの残りやすい奥歯の溝、歯と歯の間、歯と歯ぐきの境などを歯ブラシを細かく動かして、1本1本磨くようにすることです。

また、入れ歯をご使用の方は、必ず入れ歯をはずして残っている歯をブラッシングします。
入れ歯は傷つけないよう、丁寧に洗います。
特に、部分入れ歯のバネの部分は、汚れが落ちにくいので気をつけましょう。

こんなことに注意しましょう

  • できるだけ楽な姿勢で、お口の中をよく見てブラッシングしましょう。
  • 歯ブラシなどで、お口の中を傷つけないように注意しましょう。
  • うがいなどの時に、誤嚥のないように気を付けましょう。
  • 歯ブラシなどをお口の奥まで入れると、嘔吐しやすくなるので注意しましょう。
  • 苦痛を最小限にするように、心掛けましょう。

基本的な口腔ケアのプラン

  • 虫歯の予防処置を行う
  • 歯肉(歯ぐき)・舌などの病気を予防する
  • 口臭予防(細菌の繁殖を防ぐ)
  • 口腔内乾燥症の予防を行う
  • 口腔衛生の向上によって、味覚を向上させる
  • 味覚の向上によって、食欲を増進させる
  • 咀嚼時の誤嚥による「誤嚥性肺炎」を予防する

流れ

  • 食物をよく咀嚼(かむ)する
  • よく咀嚼することで、唾液量を増加させる
  • よく咀嚼し、唾液量の増加によって消化吸収の促進
  • 口腔、顔面などの機能を保持させる
  • よく噛むことで、脳へ刺激を与える

流れ

  • 味覚の向上や、食欲増進で食事が楽しくなる
  • 栄養を取り込むことで、体力を向上させる
  • 体力の向上から、身体機能の回復を目指す
  • 体力、身体機能の回復から積極性が増す

流れ

QOL(quality of life:生活の質)の向上。
お口の健康は、QOLの向上につながります!

訪問診療

保険外診療において2万円以上お支払いの場合に各種カードご利用いただけます

医)立靖会でフィリピン台風災害支援として歯ブラシをフィリピンに送りました。

フィリピン台風災害支援
ページトップへ戻る
ページトップへ戻る