摂食嚥下障害・訓練・リハビリ

HOME > 訪問歯科 > 摂食嚥下障害・訓練・リハビリ

摂食嚥下(せっしょく・えんげ)とは

人間は、体内に食べ物を取り入れて生きています。 そのために働く機能を「摂食・嚥下(せっしょく・えんげ)機能」といいます。

そして、その機能がうまく働かない状態を「摂食・嚥下障害(せっしょくえんげしょうがい)」といいます。

摂食・嚥下機能の概要

摂食・嚥下とは、「食物を認知し、それを口に入れ、咽頭(のど)、食道を経て胃に入るまでの過程」を指します。

この過程を、5つの「期」に分類します。 ★ここでいう「食塊(しょっかい)」は、「噛んで細かくなって唾液と混ぜられ、飲みこむ直前の状態になった食物」のことをいいます。 摂食・嚥下障害とはこの5つの期のいずれかの場面に異常がみられることを指します。  

摂食の過程 5段階

    1. 先行期:何をどのようなペースで食べるかを判断する時期
 
    1. 準備期 (咀嚼期):食物を口に取り込んで、噛んで「食塊」にする時期
 
    1. 口腔期(嚥下第1期):食塊を、口から咽頭(のど)へ送り込む時期
 
    1. 咽頭期(嚥下第2期):食塊を、咽頭(のど)から食道へ、送り込む時期
 
    1. 食道期(嚥下第3期):食塊を、食道から胃へ送り込む時期
 

摂食・嚥下機能に関連する器官

摂食・嚥下機能を理解するのに必要な器官をご紹介します。

レントゲン写真

1.舌 咀嚼(そしゃく:噛むこと)時に食べ物を移動させたり、食塊を咽頭(のど)へ送り込む時に、最大の力となります。舌の奥のほうは「奥舌」といいます。また、味覚は舌で感じます。
2.軟口蓋 (なんこうがい) 食物を口の中に溜めておく時に、舌とぴったりくっついて咽頭(のど)へこぼれないようにします。また、口から咽頭へ食塊を送り込むときには咽頭部と接触して、食べ物が鼻に逆流しないようにします。
3.咽頭後壁 (いんとうこうへき) 咽頭の後を形成している筋肉で、嚥下時に収縮し、食塊を食道に送り込む働きをします。それと同時に軟口蓋と接触することによって、食塊が鼻腔に逆流するのを防ぎます。
4.舌骨 (ぜっこつ) のどのところにある小さなU字型の骨です。上方は顎に、下方は喉頭に筋肉や靭帯で繋がっていて、関節はありません。嚥下する時に上・下方の筋肉が収縮して、舌骨が上に上がると共に喉頭を持ち上げて、食道の入り口を開かせる働きをします。
5.喉頭蓋 (こうとうがい) 嚥下する時に下方に倒れこむように働き、器官に「ふた」をすることにより、誤嚥(ごえん:唾液や食物が、誤って器官に入ってしまうこと)を防ぐ働きをします。舌と喉頭骨の隙間は、喉頭蓋谷(こうとうがいこく)といいます。
6.甲状軟骨 (こうじょうなんこつ) いわゆる喉仏(のどぼとけ)です。 嚥下する時にした骨が引っ張られるように上がることにより、食道の入り口が開きます。
7.声帯 嚥下する時にはぴったりとふさがって、誤嚥を防ぐ働きをします。この部分よりも舌に食物が入った状態を、誤嚥(ごえん)と呼びます。ここから下が気道です。
8.食道入口部 食道の入り口です。輪状の筋肉により普段は閉じていますが、嚥下時、嘔吐時、またゲップをするときにだけ開きます。嚥下時には、主に舌骨や喉頭の挙上に引っ張られるようにして、開きます。
9.第三頬椎椎体 背骨の首の部分の骨です。上から3番目にあります。
10.第4頬椎椎体 上から4番目の首の骨です。健常な人のした骨はだいたいこの高さにあります。
11.第5頬椎椎体 上から5番目の首の骨です。健常な人の声帯、食道入口部はだいたいこの高さにあります。
 

摂食・嚥下の動き

では、実際の嚥下時の食塊と組織・器官の動きを見てみましょう。これは、健常な人が液体を嚥下するときの動きです。緑色の部分は、食塊を示しています。

摂食・嚥下の動き

  • 嚥下直前の状態を示します舌の前方および後方で食塊を保持し、ひとまとめにしています。また、軟口蓋と奥舌が接触し、食塊が咽頭にこぼれないようにしています。
  • 口腔期を示します食塊が、舌によって口腔から咽頭に搾り出されるようにして送り込まれていきます。この時、軟口蓋が挙上して咽頭後壁と接触することにより、食塊が鼻腔に逆流することを防ぎます。これを前後して、舌骨の挙上が開始します。
  • 咽頭期の開始時期を示します舌骨挙上、および下骨に引かれるようにして喉頭が挙上します。喉頭蓋も倒れはじめて、気道を誤嚥から守るように働きます。
  • 咽頭期を示します咽頭に入った食塊は奥舌による送り込み、咽頭収縮によって食道へと送り込まれます。また、舌骨および喉頭挙上により、食道の入口が開きます。
  • 食道期を示します食塊は、完全に咽頭から食道へと送り込まれます。
  • 嚥下反射の終了を示します食塊は、食道から胃へと送り込まれ、嚥下運動に関与した組織が元の位置まで戻っていきます。

以上、摂食・嚥下の「5期」、摂食・嚥下の動きに関連する「器官の説明」、そして正常な摂食・嚥下の動きについて説明しました。

当院では、摂食嚥下専門の先生が往診を行っています。

歯科医師平井

平井先生

hirai

日本歯科大学 新潟生命歯学部
摂食嚥下治療担当医
   

肺炎で死なないために(口腔ケアで肺炎予防)

肺炎の増加

平成19年に高齢者の割合が21.5%となり、我が国は超高齢者社会を迎えました。 高齢化率の上昇に伴い肺炎が死因として年々増加し、平成23年度、肺炎で亡くなられた方は約12万人。 脳血管疾患を抜きついに癌、心疾患に次ぐ第3位の死因となりました。 肺炎の予防に関するテレビのCMも始まり、最近の関心の高さがうかがえます。 また、年齢別の肺炎の発生は95%が65歳以上となり、そのうちの70%が誤嚥性肺炎と考えられています。

誤嚥性肺炎とは

誤嚥性肺炎は、飲食物や唾液に含まれる細菌(主に、歯周病関連細菌)が肺まで到達して生じる肺炎です。 咳反射や嚥下反射の低下した高齢者では、知らぬ間に最近が唾液と共に肺に流れ込み(不顕性誤嚥)、肺の中で細菌が増殖して肺炎が引き起こされます。 再発を繰り返す特徴があり、それにより耐性菌が発生し、抗菌薬治療に抵抗性をもつことがあります。 その為優れた抗菌治療薬が開発されている現在でも治療困難な事が多く、高齢者の死亡原因となっています。 歯周病菌の多くは、肺炎の原因となります。 歯周病の人ほど誤嚥性肺炎のリスクが高いと言えます。

訪問診療

保険外診療において2万円以上お支払いの場合に各種カードご利用いただけます

医)立靖会でフィリピン台風災害支援として歯ブラシをフィリピンに送りました。

フィリピン台風災害支援

平成28年「熊本地震」のボランティアに参加してきました。

ページトップへ戻る
ページトップへ戻る