歯科助手 桑原茉萌インタビュー

HOME > 歯科助手 桑原茉萌インタビュー

お名前はなんと読むのでしょうか?

正解は、「まほ」(茉萌)って読みます。患者さんにもよく聞かれます。
そんな時、今みたいにクイズ形式お話しすると仲良くなれるのでそうやって答えています。(笑)
前職はバスガイドをやっていたのですが、その時からの自分なりの工夫です。

どのエリアでお仕事されていたのですか?

都内はもとより、長野・新潟・群馬・神奈川・千葉・・関東はほぼ全部行っていました。
土地の名前やその特徴を覚えるのが大変でしたが、暗記は結構得意なので今でも覚えています。
人に負けるのが嫌いなのと、出来ないっていうのをあまり人に見せたくないタイプなので必死で勉強した結果ですね。

なぜ歯科業界に入ろうと思ったのですか?

子供の時は結構虫歯になり易かったようで、結構歯医者さんに通っていました。
小さいころって、誰だって歯医者さんが怖いじゃないですか。親が言うには、暴れる私をスタッフさんが4~5人くらいで抑えながら治療をしていたらしいです。
ただ、時々ある歯科助手さんが優しく私の不安を取り除いてくれたことがあって、それがすごく嬉しかったことを覚えています。
そんなことが歯科助手に転職した理由の一つですね。

あと、人と話す事が大好きです!それが仕事であれば最高ですからね。
知らないことを知ることも好きなので、先生のアシストに付いたとき、分かり易く教えてくれるので、いつも面白いなと思って仕事をしています。

いつからラビット春日部で勤務しているのですか?また今まででやりがいを感じたことはありますか?

今年(2017年)の4月からです。主には受付ですが、兼任で送迎のドライバーもやらせてもらっているので、まだまだ勉強中です。
いろいろなことを挑戦させてもらえる機会があるのはありがたいです。
ラビット歯科では送迎サービスで地域に貢献しているんですが、利用者には年配の方が多く話す機会も多くて、送迎サービスで送り迎えすると、「ありがたいわ」って言ってもらえるのはやり甲斐を感じますね。あと、やっぱり不安を抱えた方も多いので、院内での会話を通して少しでも安心してもらえればと思っています。

歯科助手さんとして働きだして、印象的だったことは何ですか?

予想以上に覚えることが多かったことですね。
歯科助手として先生の診療補助に付かせてもらっていると、本当に先生ってすごいなと思います。
人体や病気のことはもちろん、材料や薬品、保険診療の事務的な規則まで全部知っていて。
そんな知識を使って、その人その人の生活や性格からオリジナルの治療方針を考えていることにびっくりしました。
先生の治療によって、患者さんのお口の中がどんどん変わっていくのを見て、初めてアシスタントに付かせてもらった時はすごく感動しちゃって・・。それと、それに自分が少しでも役にたっていることがうれしかったです。

「医療ってすごいな!」ということですね。

そうですね。 助手は、自分の行動によって先生の治療がうまく進んだり、妨げになったりします。 中でも、バキュームが難しくて、人の口によってぜんぜん違って、もう少しうまく出来たらいいのになと思ったりしています。 あと似ている材料・道具が多いので、言われてパッと思い出せる状態に早くなりたいと思います。

今後のステップアップとして、歯科衛生士になりたいと思ったことはありますか?

まだ始めたばかりなので、考えもみませんでした。
ラビット歯科の先輩衛生士さんの口腔清掃指導中の話を聞いていると、私まで一緒に納得してしまうような分かり易い話し方が聞こえてきます。
上手な話し方で患者さんの心を掴んでいるのを見ると、すごく素敵だなと思っています。院長も将来的に衛生士になることを進めてくれているので、機会があれば目指してみようかな?

休みの日は何をしていますか?

出かけます、絶対に。出かけておいしいものを食べに行きます。
食べ放題に行くのが趣味なんですけど、私すごく食べるんです、よく驚かれるくらい。
高校生のころがピークだったので、その頃大食い選手権に出ておけばよかったなと思っています。
パスタ2皿に、ピザ25枚とか余裕で食べちゃっていたので・・。焼肉なら、今でもテーブルが埋まるくらいお皿並べて食べてます。

すごいですねえ。では最近食べたおいしいものは?

仲良くしていただいている先輩の助手さんと先生ともご飯に行くんですけど、近くの焼き鳥屋さんがすっごくおいしかったです!おっきくて安いんです!

どこですか?

ララガーデンの目の前にあるところで「やきとりモンキー」っていうお店です。
食べすぎちゃって、家に帰ってから「今日からダイエットするんだった!」ってこと思い出して後悔ししまいました。(笑)食べ物の誘惑に勝てないですね。
あと、院長がいつもお菓子やおいしいものをいっぱい買ってくれるのですごく嬉しいです!

院長は、どんな印象ですか?

すごい優しいし、知識がすごい豊富だなって思います。
私は何も知らない状態で入ってきたから、院長がパソコンで自作のスライドを作って講義を開いてくれたんです。またそれがわかりやすいんですよ!

動画とか写真が多くて、見ていて「これってこういうためにやっていたんだ!」と分かりすごくスッキリしました。
治療中でもわからないことがあればすぐに教えてくれるので、勉強になります。
友達の歯科助手をやっている子に話を聞いても、こんなに優しい先生とか、こんなに優しい助手さんとかいないみたなので、とても恵まれている環境なんだと思います。

怒られたことはまだないんですか?

怒られたことはないですね。
怒るんじゃなくて、考えさせる感じの言い方をしてくれていると思います。新人だけど、仲間として認めてもらっていることをすごく感じます。ここに勤めさせてもらえて、本当によかったなと思います。

今仕事をしている中で、患者さんと接するのに大事にしていることを教えていください。

「笑顔」と「目線」ですね。目線は絶対に合わせるようにしています。
プラス、患者さんと仲良くなりたいって常に思います。だから必ず患者さんに一言声をかけるようにしています。「寒くないですか?」とか「痛みないですか?」とか、とりあえず一言、自分の言葉で掛けるようにしています。

最後に患者さんに伝えたいことがありましたらどうぞ!

私はここに来た時にアットホームな歯医者さんだなと思ったんです。誰もが優しいんです。 プラス、みんな患者さんとの話を覚えているんですね。その人が「どういうことで困っているか?」や、ほんの小さな出来事や情報もよく覚えているんですよ。
ラビット歯科のそんなところは、もし自分が患者さんだったらなと考えると、安心して通える歯医者さんだなと心から思っています。
だから安心して通ってくださいね!特に私には、話したいなと思ったときにいつでも、話しかけてください!たのしみにしています!

保険外診療において2万円以上お支払いの場合に各種カードご利用いただけます

医)立靖会でフィリピン台風災害支援として歯ブラシをフィリピンに送りました。

フィリピン台風災害支援

平成28年「熊本地震」のボランティアに参加してきました。

ページトップへ戻る
ページトップへ戻る