歯周病や虫歯菌の発育を阻止する「L8020乳酸菌」

HOME > 歯周病や虫歯菌の発育を阻止する「L8020乳酸菌」

「L8020?え?なにそれ?」
それは、虫歯や歯周病のない子供の口にいる同じ乳酸菌です。
その乳酸菌を摂取することで、口腔内の環境を整えるタブレットがあるのです。
こんな開発秘話があります。

 

L8020乳酸菌って何? 歯周病や虫歯菌の発育を阻止するmade in Japanの「L8020乳酸菌」開発秘話

 

「いくら治療しても、虫歯が再発してしまう」
L8020乳酸菌の発見者、広島大学大学院の二川浩樹教授の乳酸菌研究のキッカケは、障害者施設での歯科医検診の現場だった。
健康な人には日々の歯磨きが虫歯の最良の予防策だが、障害者や介護が必要な人にとってはハードルが高い。
二川教授は「食べるだけで口の中のケアができないか」と、平成14年頃、虫歯や歯周病予防に役立つ乳酸菌の研究を始めた。
最初に注目したのは天然の乳酸菌として知られているロイテリ菌。
乳業メーカーのチチヤス(広島県廿日市市)などと虫歯予防効果を共同研究した。
しかし研究成果を特許申請しなかったため、スウェーデン企業に特許をとられ、研究を中断せざるを得なかった。

だが、二川教授は諦めなかった。「歯磨きをあまりしないが、虫歯にならない人」に着目し、口腔(こうくう)内に共通して存在する42菌株を特定。
ゲノム解析などを活用して虫歯予防につながる3菌株を見つけた。

L8020と命名された乳酸菌は、善玉菌はそのままで虫歯菌や歯周病菌などの悪玉菌だけを退治、歯周病菌の持つ毒素も押さえ込む。
虫歯予防だけならロイテリ菌や甘味料「キシリトール」も効果があるが、L8020は風味も良く、食品化に最適だった。

L8020乳酸菌とは?
歯周病菌の持つ毒素を押さえ込み、口の中の粘膜のガード力を高める効果があるほか、胃酸でも死なずに腸まで届く。
80歳で自前の20本以上の歯を残そうという官民の健康運動「8020運動」にちなみ「L8020」と命名された。

出典:https://www.sankei.com/premium/news/171104/prm1711040003-n1.html

 

プロバイオティックスとは?

「プロバイオティックス」とは、「人の健康増進に役に立つ善玉菌」のことです。
「プロバイオティックス」の代表的なものは、乳酸菌です。
「プロバイオティックス」を摂取すると、体内の微生物のバランスが整い、健康になります。

 

プロバイオティックスの効果

ではいったいどんな効果があるのでしょうか?

1. 歯周病予防
2. 虫歯を抑える
3. 口臭の予防
4. 母乳の質がよくなる(母乳の中の免疫成分が増えて、アレルギーを起こしづらくなる)
5. アトピー
6. 便秘
7. ピロリ菌

 

当院オススメのmade in Japanのプロバイオテックス、「L8020乳酸菌」とは?

L8020乳酸菌は、先ほどご紹介した開発秘話で登場した、広島大学の二川教授によって発見されました。

二川 浩樹 (にかわ ひろき)
歯科医師 歯学博士 日本歯科補綴学会指導医
広島大学大学院医歯薬保健学研究科教授

L8020乳酸菌とは歯周病、むし歯になったことのない健康な子どもの口の中から発見されたヒト由来の乳酸菌です。
歯周病菌・むし歯菌の発育を阻止する、制菌効果のある乳酸菌の一種なのです。
ヒトの口腔内の5種類の歯周病菌とむし歯菌・カンジダ菌を効果的に抑制し、口腔内環境を健康に保ちます。
L8020乳酸菌は、正式名称は「ラクトバチルスラムノーザスKO3株」という菌種。
L8020乳酸菌の名前の由来は「80歳になっても自分の歯を20本以上保ってほしい」という思いでつけられました。

 

Youtubeでわかりやすい説明があります

出典:L8020乳酸菌で歯周対策!!

 

知っていますか?歯周病菌の影響は口の中だけではないのです

歯が抜ける原因の1位は何だと思いますか?
歯周病なのです。
歯周病菌の毒素が、歯の周りの骨が溶かすのです。

「別に歯が抜けるだけでしょう?」
いいえ!違うんです。
歯周病は全身の健康状態に悪影響を及ぼすことが、さまざまな研究結果から明らかにされています。
実は、お口の健康=全身の健康といっても過言ではないのです。

「どうして口の中のことが全身に関係してくるの?」
仕組みはこうです。

歯周病が全身に影響を与える仕組み

歯周病菌によって歯周組織に炎症が起きる

深い歯周ポケットが形成される

歯周ポケットから生体内に侵入した細菌などが、歯肉の血管を通じて血液に流れ込む

全身の組織や臓器に悪影響を与える!

 

お分かりいただけましたでしょうか?
なので、歯医者さん通いは大事なのです。

 

L8020乳酸菌は、こんな方におススメです!

お子様
一歳半を過ぎたお子様(歯が生えてきたときから、虫歯菌がお口に住めるようになります)

お年寄り
ガムを噛むことが難しい

妊娠中の方
糖分を控えたいときのおやつ代わりとして

 

こんな風に食べてください

おススメの食べ方=効果的な食べ方です。

1.一日3粒が目安です。
2.口の中でゆっくり溶かしてください。お口の中での効果が最大限得られます。
3.寝る30分前までにお召し上がり下さい。

わからないことは、お気軽にお尋ねくださいませ。

   

保険外診療において2万円以上お支払いの場合に各種カードご利用いただけます

医)立靖会でフィリピン台風災害支援として歯ブラシをフィリピンに送りました。

フィリピン台風災害支援

平成28年「熊本地震」のボランティアに参加してきました。

ページトップへ戻る
ページトップへ戻る