歯が1~2本抜けた時の「いい選択肢」あります!

HOME > 歯が1~2本抜けた時の「いい選択肢」あります!

「歯が抜けた場合、今までは下記の3つの治療法がメインでした。

インプラント
入れ歯
ブリッジ

でも、1~2本抜けたときの選択肢としては、どれも「帯に短し襷に長し」というところでした。

「1~2本抜けただけで、インプラントみたいに大仰な手術もしたくない」
「1~2本用の入れ歯だと、バネっていう金属の部分が見えて、いかにも入れ歯していますという感じで嫌だわ」
「ブリッジって、歯が抜けた両脇の歯を削るんでしょう?健康な歯を削るのは嫌だわ」

こんな風に思っていらっしゃる患者さんがいることは、重々承知しておりました。
「そんな患者さんに、何かもっといい治療方法を提案できないものか・・」

こんな治療方法があったのです!
当院で扱っている「SOCKET(ソケット)」という新しいタイプの入れ歯です。(下記写真参照ください)
インプラントでもない、ブリッジでもない、従来の入れ歯でもない「第四の選択肢」です。
入れ歯ではありますが、従来の入れ歯のイメージとは一線を画するものです。

SOCKET(ソケット)のいいところ

1.早い

お口の型取りをして、次回ご来院時には装着できるというスピード感です。
ちなみに、インプラントは外科手術が必要で、時間のかかる治療法です。
通院回数が2回で済むというところは画期的です。

2.痛くない

義歯(入れ歯)というと「痛い」「噛めない」というイメージがあるのでは?
でも、この「SOCKET(ソケット)」は、今までの入れ歯の概念を変えるような入れ歯です。
下記の写真にあるように、柔らかさが持続する特殊なシリコーンを使うので、そのクッションが痛みを軽減します。
さらに、ぴったりフィットするので、硬いものもしっかり噛むことが出来ます。
専業の入れ歯屋さんが研究に研究を重ねた、特殊なシリコーンなのです。

3.外れにくい

ぴったりフィットの理由は、そのシリコーンの「吸着性」にあります。
ということは、外れにくくなるということ。
さらに、隙間が出来ないので歯ぐきとの間に食べ物が挟まりづらくなります。

どんなパターンで出来るの?

そんなソケットですが、どのパターンでも出来るというわけではありません。 適応症(治療可能な状態)としては下記のとおりです。

以下の症例では出来ません。

「困ったわ・・あたし、できないかも」
ご安心ください。同じ素材を使った他の選択肢もあります。
歯の状態やご希望をうかがって最適なご提案をいたしますので、お気軽にご相談ください。
歯が抜けたところをどうしようか悩んでいる方、あるいは今まで入れ歯に困ってきた方のいい解決策になれば、こんなにうれしいことはありません。

気になる値段はというと・・「SOCKET(ソケット)」は10万円以下です。
インプラントの代替え治療として、今注目を集めています。(秋にTVCMの予定です。)

いかがでしたでしょうか?

「しっかり噛んで食べられること」のメリットは、食べることに関してだけではありません。
脳の活性化を促したり、お口の中をキレイにしたり、消化を助けたりと、体の他の部位へのいい影響がいっぱいあるのです。

ぜひあなたのお悩み、ご希望、当院スタッフにお聞かせください。一緒に解決していきましょう!

保険外診療において2万円以上お支払いの場合に各種カードご利用いただけます

医)立靖会でフィリピン台風災害支援として歯ブラシをフィリピンに送りました。

フィリピン台風災害支援

平成28年「熊本地震」のボランティアに参加してきました。

ページトップへ戻る
ページトップへ戻る